So-net無料ブログ作成
検索選択

Windows から CentOS7 にリモートディスクトップ接続をする。 [Linux]

Windows から CentOS7 にリモートディスクトップ接続をする。

基本的には Windows から CentOS6 にリモートディスクトップ接続をする。 とだいたい同じ。

vnc-server はCentOS のリポジトリからインストール

# yum install tigervnc-server

xrdp は epel より取得。

CentOS6 と違うのは /etc/xrdp/xrdp.ini を編集して
色の深さを 32 から 24 に変更しないとログイン時にエラーになる事。
max_bpp=32
 ↓
max_bpp=24
リモートディスクトップクライアントの画面の色を True Color(24ビット)に変更してもOK

あとCentOS6 の時はkm-e0010411.ini を別途取得したけど、
CenntOS7用のxrdpのパッケージには km-e0010411.ini も km-0411.ini も元から入っているので
あとは必要なシンボリックリンクを張るだけ。

でもこのままログインすると日本語で表示されない。
xrdp はシステムのデフォルトの言語設定を読み込まないみたいなので、
/etc/xrdp/startwm.sh に言語を設定するか
ログインするユーザの .bash_profie に言語を設定する。
#export LANG=$LANG
export LANG=ja_JP.UTF-8

サービスを起動する。
# systemctl start xrdp

サービスを自動起動にする場合。
# systemctl enable xrdp

firewalld とかの設定も忘れずに。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。